車査定大学大学院査定研究科

買取業者の店舗査定のハシゴで疲れてしまったという事例

車の売却を業者に依頼する際には、比較がとても大事です。
査定で提示される金額は、業者によってかなり差があります。

 

ネットでその情報を調べると、よく数十万円以上もの差が
ついたとアピールされている事がありますね。
比較をしてみたところ30万円や40万円ほど差が
ついたという話はよく聞きますし、
もっと高い金額差の事例もたまに見られます。

 

ところで業者の金額を比較する方法の1つに、店頭査定があります。

 

街を走ってみれば、車を買い取りますというノボリを出しているお店を多く見かけますね。
そのようなお店に車を見てもらえば、もちろん査定額を提示してもらう事ができます。

 

つまりその実店舗に車を持ち込んで、
各お店の金額を比較してみるというやり方がある訳です。

 

ところで、実際にそのやり方を実行してみた方が過去にいらっしゃいます。
その方によると、かなり疲れてしまったそうです。
その方の場合は、約半日ほどかけて各お店を回ってみたようですね。
そして色々なお店との交渉などを繰り返したそうです。

 

確かその方の場合は、その日1日で4店舗ほど回ったようです。
しかしその疲労度はかなりのものだったようです。
考えてみれば、業者のスタッフと交渉をするのはかなり大変ですね。

 

お金もかかっている話ですし、色々と神経も使うでしょう。

 

さらに色々な業者の店舗を回ってみるとなると、体力も使います。
ですのでその方によると、インターネットでの
一括査定の方がはるかに楽だと感じたようです。

 

ちなみに一昔前は、そのような方法しか各業者の金額を比較する方法がなかった訳ですね。
そもそも一昔前には、インターネット媒体自体がなかったからです。

 

それに比べると今は一括査定という便利なシステムもあるので、
随分と車の金額比較も楽になったものだと思います。

どこかの業者に車を売る時には、たまにトラブルが発生しているようです。よく聞く話の1つは、二重査定ですね。ちょっと専門的な用語の1つですが、簡単に言えば査定額の減額です。つまり査定時に伝えられた金額と、実際の支払い額がずれてしまう事があるのですね。

 

参考サイト:シエンタの買取、査定で損せず満足のいく査定額を引き出すには

 

2段階の査定で金額が下がってしまう

 

例えばある業者で、車の査定を受けたとします。その際に売却額は40万円台ですと伝えられたとしましょう。その金額に満足をしたので、その業者に車を売却したとします。

 

ところがしばらくしたら、その業者から電話がかかってきて40万円台ではなく30万円台になりますと伝えられるしまう事があるのです。なぜかというと、査定が2段階で行われているからです。顧客の目の前で査定を行った後に、まず一度車が引き取られます。その引き取った車の状態を業者が確認して、何か事故歴などが見つかる事があるのです。それで上記のように査定額が下がってしまう事も、たまに有るのです。

 

車の売り手としてはそれは大変困ってしまうでしょう。逆にそのような事が無い業者もありますので、車を売る時は業者の選別が大切です。

 

2段階の査定は行われない町田市のユー・シー・アイ

 

具体的な業者で申し上げれば、例えば町田市にあるユー・シー・アイ・ジャパンなどは良いのではないでしょうか。その業者の公式サイトでは、しばしば二重査定という表現が用いられています。どのようなパターンで二重査定が行われるかも、なかなか詳しく解説されていますね

 

町田市にあるその業者はかなり創業年数が長いですが、今まで一度もトラブルが発生した事が無いそうです。つまり二重査定が行われた事も無い訳ですね。ですのでその業者に対しては、安心して車の売却ができると考えられるでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/10 01:33:10

北海道にあるスグクルで車を売るまでの流れは、全部で3段階になります。

 

まず1段階目なのですが、スグクルに対する連絡ですね。この業者に対する連絡方法は2種類あって、電話もしくは依頼フォームのどちらかです。後者の依頼フォームを用いてデータを送信した場合は、後ほどスグクルから連絡が来ます。その際に第2段階の出張査定の日時などの打ち合わせをする事になるでしょう。

 

またスグクルの方で何か確認したい点があれば、それも伝えられる事になります。ちなみに依頼フォームではなく電話で連絡をした場合には、もちろんそのまま打ち合わせが行われます。

 

第2段階は、スグクルのスタッフによる出張です。この業者の場合は、出張エリアは北海道ほぼ全域のようですね。特に札幌エリアに対する出張を強化しているようなのですが。

 

出張に来てくれたスタッフは、もちろん車の状態などを色々と確認します。その確認に要する時間は、15分程度だそうです。しかし確認後に顧客との打ち合わせなども行われますので、時間には若干の余裕を見ておいた方が良いでしょう。
プリウス 下取り

 

してスグクルのスタッフから提示された査定額に同意できれば、売却は成立になります。同意が困難であれば、もちろん保留にする事もできます。
そして最後の第3段階ですが、入金手続きとなります。この業者の場合は入金のスピードはとても早く、第2段階が完了した翌日には振り込まれるそうです。ただしその際には書類が必要になりますね。書類が揃っているか否かで、入金スピードも大きく異なってくるでしょう。

 

以上の3段階でスグクルでは車買取が行われる訳ですが、この業者の場合は第3段階の入金スピードが一番の特徴だと思います。そしてそれが一番大きなメリットだと考えます。

続きを読む≫ 2014/12/18 17:56:18

車買取の業者は、必ず顧客の車に対して査定を行います。そして査定士は、最近では確認する際にモバイルの媒体を用いているケースが多々あるようです。
例えば、カーコンビニ倶楽部という業者があります。カーコンビニ倶楽部では修理やレンタカーなど、自動車に関連する色々なサービスを提供しているのが特徴です
。しかしカーコンビニ倶楽部自体は、車買取を行っている訳ではありません。その業者のグループ会社が、車買取という事業を営んでいる訳ですね。

 

そのグループ会社では、もちろん買い取り手続きの際に顧客の車の査定を行います。その際に、独自のモバイルツールを用いているようなのです。
あの業者の用いているモバイルツールでは、かなり細かな点まで確認をしているようですね。車というのは非常に多くのパーツがあるのですが、その大部分に対して確認を行っているそうなのです。実に100箇所以上に対してモバイルツールで確認をしているようですね。

 

そうかと思えば別の業者でも、別のモバイルツールを用いています。スマートフォンです。

 

スマートフォンで何を確認しているかというと、恐らく売却見込み額ですね。査定士がスマートフォンをどのタイミングで使うかというと、車の確認が全て完了した後です。完了後に本部とのやり取りをスマートフォンで行っているのですが、察するにそれはスマホで本部のパソコンを操作しているのでしょう。
ワゴンR 買取

 

スマホ本体には社外システムはインストールされていませんが、スマホを使えば社内パソコンのシステムは見る事ができるのです。ですので社内システムを用いて査定額を算出したい時には、スマホは必須ツールと言えます。

 

このように車の査定士は、作業を行う際に様々な「モバイル」の媒体を用いているのが特徴です。

続きを読む≫ 2014/12/18 16:55:18